【プレスリリース】「SmartPOS® for iPad」にRFID棚卸機能を搭載!

【プレスリリース】

ジェイモードエンタープライズのiPadPOS
「SmartPOS® for iPad」にRFID棚卸機能を搭載!

~東芝テック株式会社製のUHF帯RFIDハンドリーダー「UF-2200」と連携~


 ジェイモードエンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大久保 勝広)は、iPadを利用したアパレル向けPOSである「SmartPOS® for iPad」に、RFID機材を使用した棚卸機能の「RFID棚卸」「RFID日次棚卸」を追加した新バージョンをリリースします。
 提供開始は2015年12月の予定です。

 「SmartPOS® for iPad」は、クラウド型アパレル向け販売管理システム「Fashion Manager World Wide」と連携し、4G回線を利用したリアルタイムでの売上登録のほか、在庫照会、顧客管理、入荷検品、棚卸等の店頭業務に対応したモバイル型POSです。
従来の設置型POSと変わらない店頭業務に対応しながら、大幅なコスト削減とiPadならではの携帯性を実現し接客端末としても利用可能、百貨店系アパレルを中心に1200店舗に導入されています。

 今回のRFIDを利用した棚卸機能の追加によって、流通・アパレル業などの店頭で運用負荷が高く、時間のかかる作業であった棚卸業務が、RFID読み取り機能を使用することで短時間かつ正確に運用できるようになりました。
 弊社実測値では、3,000点の店頭商品の棚卸業務を5分程度のスキャンで完了します。
 運用負荷が掛らない為、店頭での棚卸を毎日実施することも可能です。「RFID日次棚卸」機能を利用して店頭棚卸を毎日実施することにより、より正確な在庫の把握が可能になり、また販売員の在庫意識の向上も促進します。

 販売開始時点で既に1社/60店舗の導入が決定しており、初年度で3社/1,000店舗、3年後10社/3,000店舗への導入を目指します。

・機器構成
東芝テック株式会社製のUHF帯RFIDハンドリーダー 「UF-2200」と標準連携。
「UF-2200」シリーズは、いままでのRFIDハンディリーダーのイメージを刷新するデザインであること、すでに導入済みの「SmartPOS® for iPad」と連動することでRFID機能を容易に追加できること、RFIDソリューションが低コストで実現できることを評価し、標準連携機といたしました。

【操作画面イメージ】
イメージ1  イメージ2



■「SmartPOS® for iPad」の販売概要
 商品名     :SmartPOS® for iPad
 新機能リリース日:2015年12月
 販売地域    :全国
 月額利用料   :3,000円~
 主な機能    :RFID棚卸、RFID日次棚卸、RFIDタグスキャン
 備考      :販売管理システム「Fashion Manager World Wide」との連携が前提の
          POSシステム、RFID機能となります。



【本リリースに関するお問い合わせ】
 ジェイモードエンタープライズ株式会社
  営業部
 〒151-0053 
  東京都渋谷区代々木1-11-2 代々木コミュニティビル3階
  TEL : 03-5333-5070  E-MAIL : sales@jmode.co.jp 

※「SmartPOS」はジェイモードエンタープライズ株式会社の登録商標です。